引っ越して住所が変わったら

住宅ローンを借りた後に引っ越している場合

通常、住宅ローンを返し切るまでには20年~30年かかります。

この間に引っ越している方も少なくありません。

住宅ローンを借りた後に引っ越している場合、抵当権抹消登記を申請する前に、住所が変わった旨の登記申請をしなければなりません。

住所が変わったことを登記簿に反映させるための登記を、所有権登記名義人住所変更の登記と言います。

住所変更の登記の必要書類

所有者の住民票または戸籍の附票

登記簿に記載されている住所から現在の住所に移転したことが記載されている住民票または戸籍の附票が必要になります。

権利証、登記識別情報など

住所移転から長い年月が経過していると、以前の住所変更が記載されている住民票が発行されない場合があります。

この場合には、権利証や登記識別情報を添付しなければなりません。

委任状

司法書士に登記申請を委任する場合、委任状が必要になります。

住所変更の登記にかかる費用

住所変更の登記申請をする場合、物件一個につき1,000円の登録免許税が必要になります。

なお、敷地権付区分建物(マンション)の場合には、建物のほかに敷地権も物件一個として数えますので、住所変更の登記の際に2,000円がかかる場合があります。

詳しくは司法書士や法務局にご確認ください。