抵当権抹消登記の必要書類

抵当権抹消登記を申請する際には、次のような書類を添付することになります。

抵当権解除証書

抵当権を解除しました、ということを銀行が証明する書類です。

住宅ローン完済時に銀行が発行します。

なお、抵当権解除証書という名前ではなく、消滅証書、放棄証書という名前で発行される場合もありますが、どの名前であっても問題ありません。

登記済証または登記識別情報

住宅に抵当権を設定し、その登記をした際の登記済証または登記識別情報です。

住宅ローン完済時に銀行から渡されます。

登記済証や登記識別情報は再発行ができませんので、取扱いには注意が必要です。

銀行の登記事項証明書(登記簿謄本)

発行から3ケ月以内のものが必要になります。

通常は銀行から渡されますが、法務局に行き、自分で取得することもできます。

なお、銀行の登記事項証明書は省略できる場合がありますので、その場合には銀行から渡されません。

銀行からの委任状

銀行は自分では抵当権抹消登記をせず、借主または司法書士に対して登記申請を委任しますので、委任状を発行します。

借主の委任状

司法書士に対して登記申請を委任する場合には、委任状が必要になります。

上記以外の必要書類

一般的な必要書類以外に、状況によって必要になる書類もあります。

借主の登記事項証明書(登記簿謄本)

借主が会社である場合、発行から3ケ月以内の登記事項証明書が必要になります。

これは法務局に行き、自分で取得することになります。

銀行の変更証明書

抵当権設定後に銀行の名前や本店に変更があった場合には、その事実が記載された銀行の登記事項証明書が必要になります。

銀行の印鑑証明書

紛失などで登記済証(または登記識別情報)が存在しない場合には、銀行の印鑑証明書が必要になります。

借主の相続証明書(戸籍謄本など)

完済後に借主が死亡し、相続人から抵当権抹消登記を申請する場合には、自分が相続人であることを証明するために、戸籍謄本などが必要になります。

詳しくは当事務所にお問い合わせください。